居抜き 飲食店

飲食店の開業をするにあたってたくさんの物件を選んでいるあなたは、居抜きの物件の検討もしていることだとは思います。居抜き物件でしたら新規開業をする際の設備費用や内装造作費用も少なく抑えることができます。しかしなかなか良い物件には出会えないというのが本当のところ。さて、ここではその居抜き物件で飲食店を開業する際に考えられるメリットやデメリットについて挙げてみましょう。

そもそも居抜きの物件とは、前の借主が店舗を閉店する際に店舗内部の造作や設備などをそのままにし、それを次の借主が使用することができる物件のことを指します。

さて、ではそんな居抜き物件を契約する際のメリットとデメリットですが、まず先ほども挙げた開業初期に掛かる費用を少なく抑えることができるというのが一番のメリットですね。そしてその初期費用を抑えることで、開業してからの運転資金にも余裕が生まれます。

次に、内装工事などの工程も短縮することができますから、すぐに開業することができます。また、前の店舗が飲食店としての業種が近かった場合などには以前の店舗の顧客を囲える可能性もあるということもメリットになりますが、こちらはもし前の店舗が評判の悪さゆえに閉店していたのだとしたら、そのままのイメージを引き継いでしまうというデメリットにもなってしまいます。

それではそのデメリットは他にどんなことが挙げられるかを考えてみましょう。

内装造作がそのままだということは、あなたがイメージする店舗に沿わなかった場合、制限でしかありません。また、残された設備は決して良いものであるとは限りませんよね。

ただ費用が少なく済む、ということだけでは良い店舗を作ることはできません。居抜きの店舗をどのように再利用するか、あなたの工夫が最後に物を言うのです。

資金計画、内装設計・施工、人材確保、販促活動…店舗物件の内装工事のプロが、あなたのコンセプトに応じて柔軟に対応します。 飲食店の内装など、圧倒的な情報量が売りのサイトです。
居抜き 飲食店

店舗内装の事例はこちらからご覧いただけます。
店舗内装 東京

関東・関西、都市圏を中心に新規の開業のみならず、移転、部分改装(リニューアル)、修理修繕メンテナンス、そして居抜き物件などのあらゆる店舗工事の実績多数。
一例として、クリニックの事例をご紹介します。
クリニック デザイン